【マトリックス通信】 あなたの税理士は何をしてくれますか?

 

 
 

 
 

 【あなたの税理士は何をしてくれますか?】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略会計・DC・マトリックス会計 
□■   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】
■■   Vol.116 2007/07/27
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■中小企業の経営者の中でも
  とくに二代目以降の比較的若い方は
  会計事務所との付き合い方がよく分からないようです。

  この先、企業が利益のでる仕組みを構築していくためには
  会計情報の活用の仕方がとても重要になってくるのですが、
  会計事務所への依頼状況について尋ねると
  首をかしげたくなるような内容がとても多いのです。


■目立って多かったのが次のようなものでした。

  ○企業側がパソコンを使って会計処理を
   行なっているにも関わらず
   伝票や仕訳帳、帳簿などをわざわざ持ち帰り、
   再度会計事務所側のパソコンに入力する。

  さらに驚いたのが
  持ち帰った伝票などからコンピュータに入力する際に
  勘定科目などを修正してもその内容を企業側に伝えないため、
  企業側で作成している試算表と会計事務所が作成する試算表は
  まったく異なったものになっているのです。
  これでは、経営情報として活用することが出来ません。


■では会計事務所は
  なぜこのようなことを平気で行なうのでしょうか。

  多くの事務所は「○○○コンピュータ会計」と称して
  特定のメーカーのソフトウェアやシステムを使っています。
  名刺や看板に「○○○コンピュータ会計」と書いている事務所は

  「うちの事務所では○○○会計のソフトしか使えませんよ」

  と言っているようなものです。


■企業側、つまり会計事務所に依頼する経営者側にも
  責任はあります。
  会計事務所が行なっている無駄な作業に対して
  毎月お金を払っているのです。

  自分たちの社員が
  会社内でこのような作業を行なっていたとしたらどうでしょう。
  何のために会計事務所に依頼しているかを
  原点から考える必要がありそうです。


■他にもびっくりした項目を列挙します。

  ○最近の税法改正について何も教えてくれない。
   質問をしても答えが返ってこない。

  ○期末製品在庫の評価を売価で行なっていたため
   原価で評価するようにアドバイスしたところ、
   製品ごとに個別原価計算をやっていない企業は
   この方法しかないと言われた。
 
  ○売上や仕入の計上の仕方について
   会計事務所からこれまで一度も内容を聞かれたことが無い。

  ○税込経理で処理している企業が
   税抜経理との違いの説明を求めたところ
   税込経理では納める消費税は「租税公課」で処理するので
   結果的に利益はどちらも同じであり、手間がかからない分、
   税込経理の方が良いと言われた。

  ○経理担当者が同じような帳簿を複数作成していたので
   ひとつにまとめるようアドバイスしたところ、
   会計事務所が毎月チェックする帳簿であり
   税務調査の際に印象が悪くなるから
   そのまま付けておいたほうが良いと言われた。

  ○誤った仕訳や勘定科目、そして消費税区分などは、
   会計事務所側が勝手に直すので
   経理担当者はいつまで経っても仕事の質が向上しない。

  ○経理業務の見直しを行ないたいのに
   アドバイスをしてくれない。
    注)一般の事務所では業務改善を指導するための訓練を
      受けていないのでアドバイスすることはできません


  ○会計事務所(担当者も含めて)はこれまで一度も
   会社に来たことは無い。資料は毎月こちらから持参する。


■ついでに

  ○コンピュータ会計について基本的なことがわからない
  ○会計事務所担当者の誠意がない
  ○顧問料だけは毎月自動振替で仕事は後回し
  ○決算申告期限ぎりぎりになっても利益や税金の額が分からない
  ○買掛金、未払金、未払費用の処理がいい加減
  ○何度かアドバイスしているうちに
   税理士から逆切れされるケースも、、、
   「そんなことどこから聞いてきた!」


■企業側がせっかく使い慣れている会計ソフトを
  会計事務所が普段使っている会計ソフトに
  一方的に変えさせるような事務所も問題です。

  本来会計事務所は、お客様が使い慣れているソフトに
  合わせなければなりません。

  企業側がこの先の経営を考える上で
  会計情報の活用が不可欠であり、
  そのためには会計事務所側も
  ある程度コンピュータの知識は必要なのです。

   「うちは○○会計しかできません。」

  そろそろ会計人も、情報活用の本当のプロとして
  目覚めなければならないと思いますが、、、
 

 

 

 


    【この記事を読んでいる人はこちらも読んでいます】
    社長のための会計学 マトリックス通信

     ⇒ Vol.337 【ある建設業の社長の悩み・税理士からのアドバイスは…】
     ⇒ Vol.333 【建設業の決算書を考える】
     ⇒ Vol.331 【決算書が読めるって、どういう状態のことですか?】
     ⇒ Vol.304 【赤字の会社、業績が伸びない会社/この先どうする?!】
     ⇒ Vol.300 【遅れている事務のカイゼンの実態】

     ⇒ Vol.143 【部門別損益計算のなぞ】 
     ⇒ まずは現状分析 - あなたの会社の収益構造はどうなっていますか? -   
     ⇒ マトリックス通信 【MQ会計とDC(直接原価)】

     ⇒ マトリックス通信 【税理士は選ばれる時代】
     ⇒ マトリックス通信 【こんな税理士はいらない】
     ⇒ マトリックス通信 【会計事務所での出来事】
     ⇒ マトリックス通信 【税理士は企業の味方】
     ⇒ マトリックス通信 【会計事務所の業務品質】
     ⇒ マトリックス通信 【ある税理士のブログから】
     ⇒ マトリックス通信 【ある税理士の本音】

     ⇒ 最新バックナンバーはこちらから(別画面で開きます)
 

 

 

 


    【無料メルマガ】
    社長のための会計学 マトリックス通信

   ▼この先どうする!
     売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?
     経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?
     製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?

   ▼経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!
     『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす
     社長のための会計学です。

     メルマガをご希望の方は  こちらからご登録いただけます
   

 

 

 
このページのトップへ